意味が似ている日本語

Posted by shoya on 2013年10月14日意味が似ている日本語 はコメントを受け付けていません。 | Short Link

トリビア的な外国語って面白いですよね?
例えばハンガリーでは塩気がない、足りない事を
「シオタラン」というそうです。
後はくだらない事ばかりいう事をペルシャ語で
「チャランポラン」だってさ。
ちなみにイタリア語でtantoとは「たくさん」と
いう意味らしい。
こういうのを探し出すとキリがないですが、楽しいです
よね?私は結構すきなんですよ。
ちなみに世界で一番難しい言語と言われているのは
バスク語だそうです。
で、そのバスク語の中で日本語と同じ発音、同じ意味
という言葉があるんです。
それは「コレバカリダ」だそうですよ。
ちょっと笑えてきますね。
でもやっぱり言葉が通じるという事は
安心できるという事なのでしょう。
それはお互いにそう思えるのだろうけど、エッチな時は
どうなんでしょう!調べてみるとありそうですね。
ただ依然バイトした横浜デリヘル情報のデリエッチ横浜では
たまに外国の人も利用していましたね。
海外の人から見ると、日本の風俗情等は
どういう印象があるんでしょうね?
一度聞いてみたいものです。