マタギ村の常勤医

Posted by shoya on 2013年11月1日マタギ村の常勤医 はコメントを受け付けていません。 | Short Link

このマタギ村には一人のお医者さんしかいません。
しかし一人の常勤医が一年ほどで辞意を示し
最短では1ヶ月足らずで辞める医師もいるそうです。
理由は様々ですが、勿論激務という事もあるそうですが
それでだけではありませんでした。
モンスターペイシェントによる嫌がらせがあり、
それに対しての対策をしない村役場の姿勢にも
問題があったようです。
昼食を取る時間が無く診療所内でパンを買った時に
「患者を待たせておいて買い物か?」と責められ
土日、祝日も村内回りをしていてお盆明けに一日
休みをとると、「平日なのに休むなんて」と批判
されていたそうです。 自宅にも嫌がらせのビラが
まかれたりと散々の用でした。
これは辛いですね。
僕なら一日で帰ってしまいそうです。
未だにこんな事が村ごとやっている所ってあるんですね。
ドラマにしかありえない事と思いきや決して笑いごとでは
済まされないと思います。
こういう状況だと休みの日は何をするのでしょうか?
きっと何処にも出歩かず、家にこもりっぱなしで
しょうね!
ムラムラした時はどうする?こんな状況でへんな事
していたらそれこそ何を言われるかわかりませんね。
ただ僕なら隣町まででも行ってM専門の長崎 デリヘル
利用できる状態なら確実に呼びますね。
でも村の人たちも大事なお医者さんがいなくなって
困るのも村の人達なのに残念な話ですね。